サムライ日本
     
     
  このイベントは終了しました。
東京の"COREDO 日本橋"3Fのスタイルストア、"SERENDIPITY"にて
イベント企画展”大江戸夏の陣”を7月17日(火)〜8月24日(金)まで行います。
 
     
コレド日本橋
     
   
     
  今回企画展を行う、セレンディピティのコンセプトは、“思いがけないすてきな出会いをお届けする
出会いという名の、スタイルストア”です。そのスタイルストアで、多くの人達との出会いをお待ちしています。

サムライ日本プロジェクトの始まりは、江戸を創った徳川家康の生誕地三河の国から始まりました。
地域ブランドの新しいスタイルとして、現在各方面にて注目されているプロジェクトです。
地域には丹精こめて作られた、こだわりのプロダクトが多数存在します。でもそれを全国に伝えるのは非常に難しい。

地域を元気にするために、地域の人、モノ、名所、歴史、催しetcを伝えるために、
2007年1月11日インターネットの突如現れた、仮想城下町“三河国”仮想と現実の世界観を融合させて、地域とデザインの融合による、新しいスタイルの情報発信をしています。

ロックのリズムに合わせて、皮ジャンに褌というスタイルの現代のサムライ達が地域のこだわりをリ・デザインしていく。
そして7月11日より、そのプロジェクトは全国に飛び火して、仮想城下町“加賀国”が誕生しました。
サムライ日本プロジェクトとして、世界へ向けて今、地域を発信しています。
 
 
「大江戸夏の陣」

三河からは、

昭和43年発売の三河の家庭の常備品の地サイダー「大岡屋のサムライサイダー」

創業明治35年油創り一筋に思いを込めて作り出す「マルタ太田油脂のサムライ和灯」

創業延元二年{1337年}670年の歴史が醸し出す伝統の味「まるや八丁味噌のサムライ八丁味噌」

清浄手造り伝統技術を頑なに守り続けて300余年「磯部ろうそく店のサムライ和蝋燭」

地域の素材に注目し新しい三河のスイーツを創り出す「マジカルのサムライ焼き菓子」

米カスタムカルチャー界でもその名を馳せる三河在中のアーティストMAKOTO氏と
300余年の伝統の磯部ろうそく店、店主のコラボレーション「サムライアート和蝋燭」

ありがとう。かりんとう。をテーマに、創業大正11年「中田屋のサムライかりんとう」

こだわりの国産ケヤキ、老練な木工職人が作り出す「岡崎製材のサムライ酒卓」

あたり前のことを、あたり前にをスローガンに、「三栄鶏卵のサムライたまご」

300有余年の伝統の技、三河仏壇の技術を使い。「都築仏壇のサムライ人形」


加賀からは、

やぱっし、うまいがぃね!!昔ながらの醤(ひしお)「井村商店のサムライ醤油」

伝統の継承とデザインの融合に挑戦し続ける「喜八工房のサムライ山中漆器」
 
▲PEGE TOP▲ 
     
バーチャルシティー三河国 バーチャルシティ加賀国 サムライ日本メインページ サムライヒルズ戦国白書
バーチャルシティー安芸国 バーチャルシティー尾張国 サムライ日本メインページ サムライ日本
 
copyright©2008 Samurai Nippon サムライ日本 all rights reserved. Produce by DDR.
このサイトをご覧いただくには、最新のFlash Playerプラグインが必要です。上のFlashムービーが正常に表示されない場合はプラグインをインストールして下さい。