安藤竜二プロデューサー
サムライ日本プロジェクト
総合プロデューサー
安藤竜二
 
     
 
  立教大学 企画講座E 事業継承論
「地方発!老舗企業をブランドにして世界へ発信!」より抜粋
 
 
■サムライニッポンプロジェクト――岡崎を世界へ!!

 安藤氏の出身は愛知県岡崎市。愛知といえば…名古屋は知っているけど、岡崎って?そう思う人も少なくないだろう。しかし、岡崎は徳川家康の生誕地であり、三河武士の故郷、そして八丁味噌などの特産品も多くある。
 優れた商品力や魅力を持っているのになぜか知られていない。そんな岡崎を盛り上げたい、こんな気持ちを同氏はずっと持ち続けてきた。そこで、同氏が仕掛けたのが、「三河武士サムライブランド」。岡崎の地域産業を統一ブランドでひとくくりにして売り出すという“ブランディング戦略”である。
 同氏は、日本でビジネスを立ち上げる前に、アメリカの商品の買い付けなどの仕事をしていた。その際に、同氏が感じたことは、日本の歌舞伎などの伝統芸から、宮崎駿や北野武、さらには秋葉原やアニメなどまで広く世界から興味をもたれている、ということだった。日本人は、伝統芸能は高等なもので、アニメや漫画は下等なもの、と上下をつけたるが、歌舞伎もアニメも同じように日本の大切な“文化”である。
 そこで、同氏がブランドイメージとしたのが、“サムライ”。Webサイトを参照して欲しい。Webサイトでは、侍をアニメーションとコラボレーションさせた。
このプロジェクトの商品第一号となったのは“サイダー”。岡崎=サイダー?と思われる方も多いだろうが、この地ビールならぬ地サイダーは、米やビールをまとめて買ったときについてくるいわば“おまけ”であり、地元の人々には古くから愛されていた商品であった。これまでは、1本84円で月100本ほどの出荷量であったが、“サムライブランド”として生まれ変わったこの商品は、一本200円で月1万本も売れる大ヒット商品「三河国サムロックサイダー」へと大変身を遂げた。
 このサイダーに加え、八丁味噌や和蝋燭、きしめんなど岡崎の名産品が、中身はそのままに「三河国サムロック八丁味噌」「三河国サムロック和蝋燭」「三河国サムロックきしめん」に変身。 統一ブランドの“サムライ”を背負った岡崎の製品たちは、いまや、表参道ヒルズや東京ミッドタウンやビッグサイトなどで売られたり、ナチュラルローソンとのタイアップで売り出されたりなど、常にメディアから注目される存在となったのである。
 
■中小企業に“情報発信力”を

 池袋駅西口を出て右手に見える、赤地に黄色でMという文字が描かれたビビッドな看板。これを見れば世界中の誰もが「マクドナルド」を想像するだろう。これはすごいことだと同氏はいう。どんなに優れた商品でも、情報発信力がなければ流通はしない。そして「流通していなければビジネスではない」のだ、と同氏は言う。
 地方の中小企業の悩みは「資金」、「人育て」、そして「販路」といわれている。そのなかでも販路の悩みは深い。販路を拡大するための「情報発信力」を中小企業に与えたのが“サムライブランド”なのである。

 では、“サムライ”の一員になるためにはどうしたらいいのか。
そこには3つの条件があるという。

1地域を代表する商品であること
今まで紹介したような、八丁味噌や和蝋燭など100年以上の伝統工芸でなくてはいけないわけではない。シュークリームであっても、コロッケであっても、地域に対する熱い思いが語れるならいいのだという。

2 経営者が世界に発信するという気概を持っていること
大企業では、今日明日で方針を変えることが難しい。しかし、中小企業ではその点において柔軟。同氏は経営者自らと話をし、「世界へ発信したい!」という気持ちを確認しなければ契約しないという。ちなみに、某大手電気会社と仕事をしたときには、最後まで社長は出てこなかったという。

3 一業種一社一商品
一つの地域において、同業種は認められない。

このようにして選ばれた商品が、同じブランドを背負う同じ“仲間”となる。しかし、それは同時に一社がこけたら全部がこけるという危険も孕む。しかし、同氏はこれは「性善説のビジネス」だ、という。

 “サムライ”たちは、2ヶ月に1回、お互いの工場を見学するツアーを行うという。作りたての物を見たり、食べたりするツアーである。このようにお互いの信頼関係を築いていく。「地域」とは本来そういうものであると同氏はいう。
「モノを売るな、価値を売れ」。このように信頼できる仲間意識を持つことによって新しい“ストーリー”が生まれるのである。

 
■まっすぐに、一生懸命に

 安藤氏が感銘を受けたという話がある。あるところに、レンガを積んでいる二人の職人がいた。「何をしているのですか?」という同じ問いを、二人の職人に問いかけた。1人は「レンガを積んでいるのです」と答え、もう1人は「教会を作っているのです」と答えた。
 ただ目の前にあるレンガを積むのか、それとも“教会を作るという”ビジョンを持って一生懸命仕事をするのか、ここに大きな差があるのだと同氏は話す。「地元のものを世界に発信したい!」という大きなビジョンを持って、一生懸命やることが一番大切なのだと同氏は話す。
 かつてはヤンキー高校で悪さばかりしていたという安藤氏(本人談)。それがいまや、新聞や雑誌に取り上げられるようになった。これは、同氏のこのような考えが基礎にあるからであろう。
 
■学生へメッセージ

 20代のころは、自分の頭に浮かぶことを全てやっていた。今は・・・今も変わっていない。
 昔は、漠然と、雑誌「ポパイ」に載りたい!と思っていた。今の自分が、もし自分の憧れる雑誌に取り上げられるとしたら、どんな風に書かれるのか、それをワードやエクセルを使って自分で自分の記事を書いてみてほしい。雑誌名は具体的に。大事なのは、「自分自身をどうプロデュースするか」。過去、現在、未来の自分を分析してみる。「自分って何だろう」を理解し、自分を発信できる人間になってほしい。
 
▲PEGE TOP▲ 
 
バーチャルシティー三河国 バーチャルシティ加賀国 サムライ日本メインページ サムライヒルズ戦国白書
バーチャルシティー安芸国 バーチャルシティー尾張国 サムライ日本メインページ サムライ日本
 
copyright©2008 Samurai Nippon サムライ日本 all rights reserved. Produce by DDR.
このサイトをご覧いただくには、最新のFlash Playerプラグインが必要です。上のFlashムービーが正常に表示されない場合はプラグインをインストールして下さい。